症状が悪質です

the medicines

クラミジアに感染すると、一週間程度で症状が現れます。男性は尿道付近にかゆみや違和感を感じ、尿道から水っぽい分泌物が出たり、排尿の時に痛みが生じます。しかしすぐに症状が収まってしまうことも多く、自覚症状が無い人もいるため、クラミジアに感染したことに気づかない人も多いのが特徴です。クラミジアの治療に使われる薬は様々ですが、現在では1回飲むだけで治療が可能な「ジスマロック」が主流です。従来の治療薬は、一週間続けて服用する必要があったり、効き目が弱いなどのデメリットがありましたが、「ジスマロック」は飲み忘れの心配がほぼなく、効き目も強力で安全性も高い薬です。しかし耐性を持つ菌も出現し始めているので、従来の薬と組み合わせた治療なども行われています。

クラミジアは市販薬では治療を行うことが困難なため、泌尿器科や婦人科などで医師の診察を受け、処方薬を購入する必要があります。薬の個人輸入を代行する業者を通じて薬を入手する手段もありますが、他の性感染症もクラミジアと似た症状が出るものも多く、検査を行い感染を確認しなければいけません。検査は病院以外にも、保健所で行うことも可能です。保健所は自治体によってルールが異なり、曜日や時間、検査を受けられる人数が決まっている場合もあるので、ホームページなどで確認しておきましょう。近年では、自宅で検体を採取し、それを郵送で送り検査を行うサービスも存在します。クリニックや保健所で検査を行うのが困難であったり、抵抗を感じる場合は、そのようなサービスを利用する方法もあります。