対策は必須です

the drugs

クラミジアは性感染症の中で最も多くの方がかかってしまうものです。そして、10代から20代の方が最も多く感染していると言われています。クラミジアは性感染症として有名なので、性器の部分だけに感染するのかと思われがちですが、そうではありません。最近増えてきているのが、喉の部分がクラミジアに感染してしまう咽頭クラミジアです。これは性器を使用した性交渉だけでなく、口を使い性交渉を行うことが増えてきておりその影響が出ています。また、クラミジアの症状がはっきりと出ることが多いわけではなく、感染しても症状が分からないということがあり感染していると分かった時には性器の部分だけでなく、腸や肝臓などの内臓にも感染しているということもあります。

クラミジアに限らず何の病気や感染症にも当てはまりますが、早く発見し早く治療を行うことができれば、病気の悪化や感染の拡大を防ぐことが出来ます。そのため、いつもと違うという症状を感じた時には早めに病院に行き診察してもらうことが必要です。特に女性の場合は、症状が悪化して感染が広がってしまうと、クラミジアの治療が終わって症状などが良くなっても不妊になってしまうことがあります。また、症状が出ていても大丈夫と思いそのままにして妊娠や出産をしてしまうと産まれてくる赤ちゃんに障害などの症状が出てしまう可能性が高くなります。現在では出産前の検診で発見されると治療を行い無事に出産できることが増えていますが、おりものなどに変化があった時にはすぐに病院に行くことが大切です。